スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉾田市長の話、マスコミはどう報じたか?

今回のブログは、3月20日茨城県庁で行われた知事記者会見の話題である。

ホウレンソウの話が出てから、風評を恐れていた茨城県は、いつも以上に情報公開をしている。
しかし、取り上げるマスコミにその意欲が見られない。
そこでdokosayuku11が問題にしている箇所をまとめて、ツイートに書いたことをより詳しく書いておく。

ポイントになる記者会見の発言要旨は茨城県のHPで公開されている。
全部抜粋するわけにはいかないので、市長の発言部分だけ列挙しておく。

知事記者会見における発言要旨(茨城県HP)
http://www.pref.ibaraki.jp/hodo/press/11press/p110320-2.html
---発言引用---
鬼沢鉾田市長:鉾田市長の鬼沢でございます。今回の大地震に関しましては、被害のあった方におくやみ又はお見舞い申し上げます。しかしながら、我々鉾田市も実は被災地でございます。住民の方が1名、亡くなっておりますし、ケガをされた方もいらっしゃいます。そして、ほとんどの市民が大なり小なり、被害を受けております。そういう中で、電気が通り、水道が通り、みんなでがんばろうという意気込みが出てきました。そういう時に、このホウレンソウの数字が出たわけでございます。

 我々の市は農業がたいへん重要な産業でございます。そういう中で、昨日ホウレンソウの数字が出ましたけれども、実は平成11年、JCOの事故の時に風評被害で大変な被害を被りました。作物にはほとんど影響がなかった。しかしながら、報道が先行し、安全なものまで廃棄処分というようなケースもありました。今回は、今日のこの数字をふまえて、報道関係の皆さんには、基準内に入ってますよと、そういうことを強く報道していただきまして、我々鉾田市民が今後元気に復興していこうと、そういう気力がでるような報道をぜひお願いしたいと思います。

 実は今日、ある市場からサツマイモが戻ったという話を聞きました。皆さんはもうご承知かもしれませんが、サツマイモは去年の秋に収穫をして、建物の中に入ってます。それを洗って売っております。いくら調べたって検出はされない。そういうものまで一種の風評被害で戻っている。我々からすれば、消費者の皆さんにそういうことをわかってもらえるように(報道)してもらえれば、大変ありがたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
---引用おわり---

鉾田市長、そしてサツマイモを市場から戻された鉾田市民の気持ちを考えて、長く引用させてもらった。

発言要旨によると、質問をしたマスコミは、東京新聞、常陽新聞、茨城新聞、TBS、産経新聞、共同通信、NHKである。常陽新聞は規模が小さくサイトに出している記事自体が少ないので、ここからの検証は除くことにする。また、茨城新聞社もすでにtwitterの速報で市長の発言を伝えているので、除くことにした。

参考までに、茨城新聞社のtwitterを引用しておく。
@ibarakishimbun 茨城新聞社
鉾田市長「JCOの際は大きな風評被害を受けた。安全なものまで廃棄した。報道の皆さんには基準内であることを強く報道してほしい」
@ibarakishimbun 茨城新聞社
鉾田市長「サツマイモは昨年収穫されたものが、風評被害で出荷されたものが戻ってきている」
@ibarakishimbun 茨城新聞社
知事会見。(知事と鉾田市長の机上には鉾田産のホウレンソウが袋入りで並んでいます)

私は、茨城新聞社がツイートしたこの3つの記事が、風評対策に有効だと判断する。
つまり、これくらい報じていないマスコミは、ただのデマを流すマスゴミに過ぎない。
それどころか、風評を黙認し、撒き散らす側にいると言っても過言ではない。

続きを読む

スポンサーサイト

鉾田市長の話、マスコミはどう報じたか?その後

震災後twitterでは、茨城を検索して見ているとこういうツイートが多くみられました。

いま、茨城の鹿行地域は、「地震災害・津波被害・原発事故・野菜の放射能汚染・中国研修生の帰国による労働力不足の五重苦だ」と。

これは、茨城県民の悲痛な叫びです。
たくさんの方がRTをしているのは、この言葉に共感するものがあるからです。
その後、様々な人たちの働きかけがあって、鹿行地域もマスコミに少しずつ報じられるようになりました。
しかし、被害に遭われた住民から見たら、まだまだ足りないと感じています。
そこで、私は同じ茨城県民として何かできることはないかと思っていました。
そんな時、ホウレンソウの話が出てきました。
私はtwitterで偶然、茨城県がいろいろ情報公開しているのを知り、県のサイトを眺めていました

そんな時、私は3月20日茨城県庁で行われた知事記者会見の要旨を見つけ、知事記者会見の全容を知りました。
特に、鬼沢鉾田市長の発言が印象に残りました。
「我々鉾田市民が今後元気に復興していこうと、そういう気力がでるような報道をぜひお願いしたい!」

そこで、私はこのブログに「鉾田市長の話、マスコミはどう報じたか?」という記事を書きました。

その中で、記者会見に出席していたマスコミ各社が、鉾田市長の発言をどのように報じられたかを検証しました。
結局、地元紙の茨城新聞、そして毎日新聞と東京新聞以外、市長の思い、そして風評について触れることはありませんでした。

その後残念なことに、ホウレンソウ、カキナ、原乳、そしてパセリが出荷を控えるよう国から指示が出ました。
当然、口に入るものですから、基準値を超えたものについて出荷を止めるのはしかたがないと思います。
しかし去年収穫したものまで、市場が「茨城県産だから売れない」と判断して返品するのは、どうなのでしょう。
私はどうしてもこのことに納得ができず、マスコミに代わって鉾田市に直接電話で尋ねました。
今回の記事は、鉾田市役所のインタビューを掲載し、少しでも多くの方に、風評被害のことを伝えたいと思います。

続きを読む

鉾田の風評問題、解決案を提示する

現在、鉾田の野菜はマスコミから風評のシンボル、メッカとなってしまいました。
先日も、偶然見ていたのですが、日本テレビの情報番組「news every.」で茨城の風評被害、そして鉾田の農家の方がスーパーでミズナを配る話をしていました。
一見するといい話だと思います。
私もいい話だと思われてもしかたがないと思っています。

しかし、ただでミズナを配るのは…。やはり納得できません。
この問題の背景にはどのようなものがあるのか、少し調べてみました。

今回は、JAかしまなだと深作農園から話を聞いたことを紹介し、鉾田の風評問題の解決案を示したいと思います。

【JAかしまなだ】
現在、ホウレンソウ、パセリ、ミズナ、大葉 (おおば)など主に葉っぱものが市場から締め出されている。
サツマイモや他の野菜はそれなりに市場に流れていて問題はない。
ホウレンソウ、パセリは国から止められているから仕方がない。ミズナは再開したが厳しい。
葉っぱものは売ったとしても5円とか10円とかでしか売れない。
だから、私たちはホウレンソウをただで配ったのです。
その値段しかつかないのなら意味がない。
結局、畑にあるものは、10日で10cm、40日で40cmと葉が成長していくものだから、収穫するしかない。
そして、収穫したものは処分するしかないのが、現状です。
今の状況では、安心して市場には出せない。
国の検査の仕方にも問題がある。ハウスものじゃなくて露地ものを狙い撃ちしたようなやり方をしている。
わざと、数値が高くなるような計り方をしている。
だから、国の検査も県の対応も私たちは信用していない。
物流の問題は、農家→仲買(イオン、カスミ)→消費者という流れ。
仲買は、担当者レベルではOKがでているが、トップがOKを出さないのが現状。
もし野菜を売るなら、県が責任をもってやって欲しい。話が決まれば私たちはできる範囲で協力する。

【深作農園】
震災直後は農作物にかなりダメージがあり、売り上げもガクンと落ちたが、現在少しずつ売り上げは戻り始めている。
確かに風評によるダメージもあり、お客さんから心配する声もあるが、今はそれなりに売れている。
震災前の2割、3割くらいに売り上げは戻ってきている。
これからインフラ面が復興していけば、お客さんも来てやっていけると思っている。
鉾田の野菜農家の場合、農家は生産、売るのは市場と分業が完全にされている。
そのため、震災によるダメージに風評が加わって、売り上げは極端に減少した。そういう現実があります。
そもそも農家には自分たちで野菜を売る気がない。そういう発想自体がないのです。

JAかしまなだ
http://www.ja-kashimanada.or.jp/

深作農園
http://www.fukasaku.com/

電話中、不愉快な話もあったと思いますが、どちらも真剣に対応して頂きました。
本当にありがとうございます。

JAかしまなだと深作農園の双方から聞いた話をまとめると、
1.震災の時に野菜自体に損失がかなりあった。
2.そこに風評が押し寄せた。鉾田ではJCOの時の被害が大きく、JAや農家は風評にじっと耐える選択をした。
3.販売に対するノウハウがない。流通は市場まかせなので、深作農園のような独自ルートを持たない農家は厳しい。
1~3の結論として、外の人間から「たとえ野菜を売ろう」と提案があっても、なかなか決断できない。
現在の鉾田の置かれた状況は、こうなっているようです。

しかし、県庁のうまいもんどころ推進室によると、鉾田はイベント力も販売力もその気になったら凄いと指摘しています。
私もそう思っています。
鉾田は「鹿島アントラーズ」のホームグラウンドの一つであり、磯山さやかをはじめとする「鉾田大使」がいます。
さらに、鬼沢保平市長という発信力のある素晴らしいリーダーがいます。
そして、鉾田市PRキャラクター「ほこまる」くんがいます。
「ほこまる」くんは「明るくて前向き」なキャラクターです。
「ほこまる」くんを今こそ全国にPRすべきではないでしょうか?
http://www.city.hokota.lg.jp/sankei/hokota_brand/index.html

昔、都内でイベント関係のアルバイトを数年してきた私から見ると、これほどPRに適した環境はありません。
どうして鉾田は都内で野菜の販売をして、「風評自体を吹っ飛ばそう!」としないのか不思議でしょうがありません。
鉾田だけで無理なら、県庁の助けを借りてもいいと思います。

県庁のうまいもんどころ推進室では、風評問題打開のために、県内を固めつつ、県外に打って出る戦略を立てています。
昨日、いよいよ都内のスーパー「サミット」「東急ストア」で茨城県産野菜の販売をすることが決まりました。
どちらも4月6日~10日まで全店舗で実施されます。
鉾田はすでに市内の足場は固められているのですから、後は外に打って出るだけです。

鉾田には「メロン御殿」という言葉もあるくらい、県内の農業を支える富と象徴のような場所です。
それが、いつまでもマスゴミの作り上げた「風評」の象徴でいいのでしょうか?

すでに、青山の国連大学前と有楽町の交通会館で茨城県産の農畜産物が売られています。
両方とも、連日好評なのはこのブログでも触れています。
都内の消費者は、鉾田のメロン、そして安心・安全な美味しい野菜を待っています!

まずは小笠原選手が計画する野菜の販売に協力して、スタジアムで茨城県産農畜産物を扱った青空市を盛大に開催しましょう!
さらに、鉾田は都内に打って出るべきだと思います。
風評を吹き飛ばすには、マスゴミを動かすような大きなPRをするしかないと私は思っています。

最後は鉾田に対する提案になってしまいましたが、私の考えはしっかりと伝えたと思います。
どうするかは、鉾田の人々の選択にかかっています。


*もしこの記事で鉾田在住者、出身者で不快な思いをしてしまったなら、ここで謝っておきます。
ただ、鉾田の力を信じる者として、こういう記事になってしまったことは理解して欲しいです。

*記事追加*
4月23日に、国立競技場で鹿島vs横浜FMの試合があります。
その時に茨城県産野菜の直売会を行う話が現在進行中です。
鹿島アントラーズファン、そして横浜F・マリノスファンの皆さん、試合とともに茨城県産野菜もよろしくお願いします。

岡田幹事長・鉾田に来る!しかし、風評について県外では報じられず

久しぶりのマスゴミ検証記事になります。
なぜかまた鉾田の話になってしまいました。
再度、鉾田のことで検証記事を書かなければいけないのは、心から残念に思っています。

私が都内で茨城県産・直売会の応援をしている頃、民主党の岡田幹事長が茨城鉾田にやってきたようです。
今回はそのことについて検証記事を書きます。

---
岡田幹事長が鉾田視察「補償具体化を」と農家
2011年4月3日(日) 茨城新聞
http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=13017538911540

民主党の岡田克也幹事長は2日、ホウレンソウなどの出荷制限が続き、葉物野菜を中心に風評被害が重なって大きな打撃を受けている本県内の農産地を視察し、鉾田、水戸両市内で農林水産業の団体幹部や市町村長らからヒアリングを行った。震災後、同党幹部が県内に入るのは初めて。鉾田市内では農家の人たちが出荷制限や風評被害による厳しい現状を訴え、早期の補償の具体化などを強く求めた。

岡田幹事長は鉾田市内のホウレンソウ農家を視察した後、JA茨城旭村青果物管理センター(同市造谷)内で鹿行地域の首長や農協役員、漁業関係者らからヒアリングを行った。

冒頭、鬼沢保平鉾田市長は、菅直人首相と岡田幹事長宛ての「農産物被害に関する緊急要望書」を手渡した。要望は鹿行地域の5市と4農協の連名で、風評被害防止▽補償対策▽出荷制限解除▽農業再生産の環境整備-の4項目を求めている。

出席者からは、ホウレンソウの出荷制限について、露地栽培とハウス栽培を分けて考え、県内一律の対応もやめてほしいと訴える声があった。また、早く具体的な補償内容が決まらなければ、新たな作付けができないなど、全く先行きが見通せないとする意見も出たという。

ヒアリング後、三保谷二郎かしまなだ農協組合長は「補償の実施についてはっきりした答えはなく、持ち帰って検討するというだけだった。参加者は全く安心できず、何のための視察やヒアリングだったのか分からない」と語気を強めた。

岡田幹事長は記者団に対し「国として何とかしなければならないとあらためて感じた」としながら、補償問題に関しては「出荷制限されているホウレンソウなどと、風評被害の部分と両方ある。独断では決められないが、農家の方々が将来展望が持てるように対処しなければならない」と述べた。

この後、岡田氏は水戸市内のホテルで、橋本昌知事と加藤浩一水戸市長はじめ、農林水産業と商工業の各業界団体の幹部らからヒアリングを行った。橋本知事が風評被害防止などに関する県の要望書を手渡した。

福島第1原発事故の影響で、放射線量の検査で一部基準値を超えたとして、県内産のホウレンソウとカキナが3月21日から、パセリと原乳が同23日から、それぞれ出荷制限を受けている。その後の再検査で、原乳は基準値を下回った。

政府は3月31日、野菜などの出荷停止について、その後の検査で3回連続で基準値を下回った場合に解除し、解除は都道府県単位ではなく基準値を下回った地域ごとに行う方向で検討する方針を示している。
---
他紙は茨城新聞ほど詳しくは報じていませんが、毎日新聞の茨城版に面白い記述があったので紹介します。

東日本大震災:岡田・民主幹事長、ホウレンソウ農家視察 出荷停止見直し言及 /茨城
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20110403ddlk08040097000c.html

---引用はじめ---
視察には石津政雄衆院議員(2区)や鬼沢保平市長が同行。岡田幹事長は、専業農家の坂田正彦さん(49)がホウレンソウを栽培しているハウスと、ホウレンソウが廃棄された現場を見て回った。坂田さんはこれまでに約2・5トンを廃棄。連日、廃棄するためにホウレンソウを収穫するような状況が続いているという。

廃棄されたホウレンソウを手に取った岡田幹事長が厳しい表情を見せると、坂田さんは「スーパーにあるものは安全と強調してほしい」と強く要望。これに岡田幹事長は険しい表情を崩さないまま、「風評で全体が被害を受けている。値段も下がる」などと応じた。
---引用おわり---

とりあえず、読者はここまでの話をしっかりと覚えておいて下さい。

では、全国には2日の岡田幹事長の動向はどう報じられたのでしょうか?
参考までに、NHKの記事を紹介します。
---
“原発周辺 コメ生産調整集中も”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110403/t10015069671000.html

民主党の岡田幹事長は、2日夜、茨城県鉾田市で記者団に対し、福島第一原子力発電所の事故の影響で土壌から高い濃度の放射性物質が検出されている地域では、集中的にコメの生産調整を行い、その分政府が補償することも検討対象になるという考えを示しました。

この中で、岡田幹事長は、「今の原発の状況で、コメを作っても売れるかどうかという不安を多くの農家が抱えており、国の方針が示されなければならない」と指摘しました。そのうえで、岡田氏は、「将来的に影響がありうるところは、より生産を制限して、その分を補償する仕組みができないかも、検討の対象になると思う。全国で一律に減反するのではなく、メリハリをつけ、きちんと補償することが必要ではないか。政府とよく議論していきたい」と述べました。また、岡田氏は、農産物から国の暫定基準を超える放射性物質が検出された場合の出荷制限について、「一部で検出されれば県全体で出荷が制限されることに、合理性があるのかどうか。しゃくし定規に行われることで、必要以上に不安や被害を招いている」と指摘しました。
---

要するに、茨城県内と県外では、ここまでマスゴミの報じ方に差があるのです。
2日の昼間の話を茨城県内で報じて、夜の記者会見の話を県外に流す…これがマスゴミの本質です。
私は、マスゴミが情報の遮断を意図的にやっているとしか思えません。
茨城県内の農家と県外の消費者が直接、対話をしないように…。

それはさておき、今回の報道でますます風評問題を悪化させている犯人はマスゴミだと感じました。

今回は、簡単に茨城県内と県外の風評に関する報道の温度差についてまとめてみました。

風評問題、輸出業者によってシンガポールに拡散!!

愛媛産青ジソに「放射性物質」 福島産と判明
愛媛新聞 2011年03月29日(火)
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20110329/news20110329700.html

 日本からシンガポールに輸入された愛媛県産青ジソから微量の放射性物質が検出され、同政府が県産野菜と果物の輸入を停止している問題で、県は29日、県産とされた検査サンプルに福島県産の表示があったと発表した。

 輸入停止措置を受け、在シンガポール日本大使館職員がサンプルを確認し判明。28日に農林水産省から愛媛県に連絡があった。県によると、日本の輸出業者がシンガポール政府に提出した輸入申告書には愛媛県産と記入されており、同政府が誤認した可能性があるという。

 現在、農水省が輸出業者に事実関係を確認中。県は同省を通じて輸入停止の解除を要請する。中村時広知事は「人的ミスと分かり安堵(あんど)しているが、早く停止措置を解除してほしい」と述べた。定期的に実施するとしていた青ジソなどの検査は、当面見合わせる。

愛媛県産大葉(青じそ)に係るシンガポール政府の発表について(愛媛県HP)
http://www.pref.ehime.jp/h35500/1194274_2265.html
---
 日本の輸出業者がシンガポール政府に提出した書類に「愛媛県産の大葉」と記載(実際の記載は英語)されていたことから、シンガポール政府は検査のサンプルとなった大葉を愛媛県産と誤認したものと考えられます。

 なお、愛媛県産の野菜については、3月25日に大葉とほうれん草で検査を行ったところ、放射性物質は一切検出されず安全が確認されています。
---
【社会】 “愛媛産”青ジソに「放射性物質」  福島産と判明
http://sanmenwarosu.blog98.fc2.com/blog-entry-471.html
プロフィール

dokosayuku11

Author:dokosayuku11
ようこそ!twitterと連動中です。
http://twitter.com/dokosayuku11

twitter
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
取り上げて欲しい話題、情報があったらよろしくお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。