スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉾田市長の話、マスコミはどう報じたか?

今回のブログは、3月20日茨城県庁で行われた知事記者会見の話題である。

ホウレンソウの話が出てから、風評を恐れていた茨城県は、いつも以上に情報公開をしている。
しかし、取り上げるマスコミにその意欲が見られない。
そこでdokosayuku11が問題にしている箇所をまとめて、ツイートに書いたことをより詳しく書いておく。

ポイントになる記者会見の発言要旨は茨城県のHPで公開されている。
全部抜粋するわけにはいかないので、市長の発言部分だけ列挙しておく。

知事記者会見における発言要旨(茨城県HP)
http://www.pref.ibaraki.jp/hodo/press/11press/p110320-2.html
---発言引用---
鬼沢鉾田市長:鉾田市長の鬼沢でございます。今回の大地震に関しましては、被害のあった方におくやみ又はお見舞い申し上げます。しかしながら、我々鉾田市も実は被災地でございます。住民の方が1名、亡くなっておりますし、ケガをされた方もいらっしゃいます。そして、ほとんどの市民が大なり小なり、被害を受けております。そういう中で、電気が通り、水道が通り、みんなでがんばろうという意気込みが出てきました。そういう時に、このホウレンソウの数字が出たわけでございます。

 我々の市は農業がたいへん重要な産業でございます。そういう中で、昨日ホウレンソウの数字が出ましたけれども、実は平成11年、JCOの事故の時に風評被害で大変な被害を被りました。作物にはほとんど影響がなかった。しかしながら、報道が先行し、安全なものまで廃棄処分というようなケースもありました。今回は、今日のこの数字をふまえて、報道関係の皆さんには、基準内に入ってますよと、そういうことを強く報道していただきまして、我々鉾田市民が今後元気に復興していこうと、そういう気力がでるような報道をぜひお願いしたいと思います。

 実は今日、ある市場からサツマイモが戻ったという話を聞きました。皆さんはもうご承知かもしれませんが、サツマイモは去年の秋に収穫をして、建物の中に入ってます。それを洗って売っております。いくら調べたって検出はされない。そういうものまで一種の風評被害で戻っている。我々からすれば、消費者の皆さんにそういうことをわかってもらえるように(報道)してもらえれば、大変ありがたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
---引用おわり---

鉾田市長、そしてサツマイモを市場から戻された鉾田市民の気持ちを考えて、長く引用させてもらった。

発言要旨によると、質問をしたマスコミは、東京新聞、常陽新聞、茨城新聞、TBS、産経新聞、共同通信、NHKである。常陽新聞は規模が小さくサイトに出している記事自体が少ないので、ここからの検証は除くことにする。また、茨城新聞社もすでにtwitterの速報で市長の発言を伝えているので、除くことにした。

参考までに、茨城新聞社のtwitterを引用しておく。
@ibarakishimbun 茨城新聞社
鉾田市長「JCOの際は大きな風評被害を受けた。安全なものまで廃棄した。報道の皆さんには基準内であることを強く報道してほしい」
@ibarakishimbun 茨城新聞社
鉾田市長「サツマイモは昨年収穫されたものが、風評被害で出荷されたものが戻ってきている」
@ibarakishimbun 茨城新聞社
知事会見。(知事と鉾田市長の机上には鉾田産のホウレンソウが袋入りで並んでいます)

私は、茨城新聞社がツイートしたこの3つの記事が、風評対策に有効だと判断する。
つまり、これくらい報じていないマスコミは、ただのデマを流すマスゴミに過ぎない。
それどころか、風評を黙認し、撒き散らす側にいると言っても過言ではない。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

dokosayuku11

Author:dokosayuku11
ようこそ!twitterと連動中です。
http://twitter.com/dokosayuku11

twitter
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
取り上げて欲しい話題、情報があったらよろしくお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。