スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬県太田市の挑戦-被災地支援と農家救済の両立を目指す-

このブログで、すでに何度も風評問題について記事にしているが、今回は風評被害を克服するために、ユニークなアイディアを出した群馬太田市の取り組みを紹介する。

---
地元野菜を買い上げ被災地(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110330/k10014981591000.html

原発事故を受けて、野菜の値段が下がるなど農家への影響が広がるなか、群馬太田市は、地元の農家と震災の被災者の双方を支援しようと、出荷制限になっていない地元の野菜を買い上げて被災地に送る取り組みを始めました。

群馬県では、「ほうれんそう」と「かきな」から国の基準値を超える放射性物質が検出され、出荷制限が指示されています。ほうれんそうの栽培が盛んな太田市では、出荷制限の影響が大きいうえ、制限の対象ではない野菜も出荷時の価格が半値ほどに落ち込んでいるものがあり、農家の経営に影響しているということです。このため、太田市では、地元の農家と震災の被災者の双方を支援しようと、出荷制限の対象になっていない地元産の野菜や果物を買い上げ、青年会議所同士の交流がある宮城県石巻市に無償で提供することにしました。29日は、調理しなくても食べられるきゅうりやトマト、日持ちするヤマトイモなど、合わせておよそ4トンが用意され、市の職員がケースに「心はひとつです。いっしょに乗り切りましょう」などと書いた紙を貼り付けたあと、トラックに積み込まれました。太田市農業政策課の津久井淳一参事は「野菜価格が下がって苦労している農家を支援するとともに、被災した人たちには新鮮な野菜を食べて少しでも元気になってもらいたいです」と話していました。
---
このNHKのニュースは非常によくまとまっていて、これだけ読者に伝えても良かったのですが、念のために太田市役所に電話で聞いてみました。その話をここで紹介します。

---
風評被害)
群馬県でもかなりあって、太田市も多い。
そこで今回、太田市で野菜を農家から買い取る形にして、それを被災地に運ぶことになった。

(うまくいった理由)
1.清水聖義市長の決断
清水市長は、被災地支援と農家からの買い取りを太田市で行うことでアピールすることを決めた。

2.輸送ルートの確保
これは、NHKでも触れているが、被災地(宮城県石巻市)と太田市のJC(青年会議所)間のつながりがあり、そこから輸送が確保できた。
新鮮な野菜を被災地までそのまま運ぶのは、震災後、難しいのが現状だ。
しかし、JC間のつながりのおかげで輸送ルートが確保できたことで実現した。

(今後)
・太田市としては、あと1,2回やりたい。
・メディアで報じられたことで、群馬県内の他の自治体から問い合わせもある。
---

清水聖義市長という強力なリーダーを有する太田市は、今いろんなことをやって風評問題に挑んでいます。
これは、「太田モデル」として、風評問題に苦しむ他の自治体の参考になるかもしれません。
是非、市民のために貢献しようとしている自治体の首長さんにやってもらいたいことです。
そのため、今回は群馬県太田市の取り組みを取り上げました。

(リンク)
The Official Web Site of The City of Ota 太田市ホームページ
http://www.city.ota.gunma.jp/index.html
清水聖義市長twitter
http://twitter.com/shimizumasayosi

*3月31日・記事修正*
タカさんのコメントを尊重して、「リーダーシップ」の表現を削除しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

間違い

群馬県太田市出身です。そして今は仙台市在住のため、今回被災致しました。
このような状況のおいては、今回のことは結果的には「プラス」と思われるようなことかもしれませんが、「市長のリーダーシップ」という言葉は看過できません。ただの目立ちたがり屋です。目新しいことをすれば、世間から注目されるという彼の常套手段です。私は、また目立てるようなことをやりだした・・とした思えません。彼の身勝手な行動によって市民がどれほどの迷惑をこうむり、苦しんでいるか、世間はしりません。「よい」と思われることだけを公にするというのはいつものことです。そしてある程度の評価を受け、このように注目され、再選される。その背後にあることは知られていません。政治家としては「優秀」なのかもしれませんが。
「強力リーダー」ではなく、ある意味独裁者に近い存在であり、その証拠に彼の反対派が彼の家にトラックで突っ込むといった事件もおきています(ご存じかどうかしりませんが)。
勝手な意見と思われるかもしれませんが、私自身は大学院で政治学、行政学を専門に修めたため、ある程度の専門的な知識をもとに分析しています。
決して「適切なリーダーシップ」を持った首長ではないことだけ、お伝えさせていただきます。

貴重なアドバイスありがとうございます。

タカさん、地元出身者のコメントだけに鋭く、そして手厳しい意見、ありがとうございます。

トラックの話は初耳ですが、地元の住民が市長のパフォーマンスにいい顔をしないのは承知です。
私が太田市の住民でタカさんのようなことを考えていたら、この記事を不快に思ったかもしれません。
だから、ここまで書いて頂いたこと、感謝しています。

タカさんが大学院で行政学を専攻していたのなら、ぜひその意見をお聞きしたいです。
被災地になっている自治体において、農作物に風評被害が発生し、液状化で田んぼが駄目になっているような状況で、そして産業が農業しかない場合、タカさんが首長の立場だったら、どのような政策が有効だと思いますか?
せっかくここまで書いて頂いたのだから、何かあったら教えて頂きたいと思います。
よろしくお願いします。
プロフィール

dokosayuku11

Author:dokosayuku11
ようこそ!twitterと連動中です。
http://twitter.com/dokosayuku11

twitter
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
取り上げて欲しい話題、情報があったらよろしくお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。