スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風評問題、農家の本音を聞く

インタビュー:サンワアグリビジネス竹村社長
サンワアグリビジネス(古河市)
http://www.myfavorite.bz/sannwa/pc/

土曜日にマルシェ・ジャポンの現地レポートを書きました。

茨城県産の野菜を求め、国連大学前まで行きました
http://kkisho2937mhalxw.blog60.fc2.com/blog-entry-19.html

その時に気さくにインタビューに応じて頂いた販売員Aが、実はサンワアグリビジネスの竹村社長です。
今回のブログでは、引き続き竹村社長から聞いた話を紹介します。
---
サンワアグリビジネスでは、生産と販売の両方を手がけています。
しかし、野菜の生産については、やはり縮小していかざるを得ない。
まだまだ物流の状況は厳しく、この状況では生産を止める人が多いのが現状です。

TBSテレビが流れた後の反響については、たまたま見ていた知人から「おっ!どうしたんだ?テレビに映っていたぞ」と言われたくらいで、今のところ消費者や業者からの反応はありません。

農作物は種から育てるもので、規制制限が解除になってもすぐに物が回るとは限らない。
それでは農家は安心して野菜を作ることができないですよ。
さらに、マスコミによる「風評」報道のおかげで、「ホウレンソウ」自体の売れ行きが悪い!
ホウレンソウ」については、日本全国どこの産地のものでも、業者から「販売拒否」になっている状況です。
だから、正常なものでも置かないスーパーに一番の問題がある。
できることなら「販売拒否」をしているスーパーの目の前で、野菜を販売したいくらいです。

今回の「風評」では、消費者全体が最大の被害者だと私は思っています。
風評」のおかげで、前のように安くて美味しい野菜が欲しくても、手軽に買える状況ではなくなってしまった。
とにかく、テレビ局は農家が困っているシーンばかり映すのではなく、物流が回らないのはどこに原因があるかきちんと報じて欲しい!
そして、消費者・バイヤーの方にもこの問題をもっと考えて欲しいと思っています。

マルシェ・ジャポンさんでは販売が好調で、これからも継続して売って欲しいと頼まれました。
だから、今週の土曜日もレタスをたくさん持って行きます。そういうPRの場は必要です。

本当は、茨城県が主体となって、野菜の直売会をやって頂けるとありがたいのですが・・・。
---
竹村社長からいろいろと話をして頂きました。ありがとうございます。
この話が読者に伝わり、少しでも「風評」の現実を考えて頂けたらいいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dokosayuku11

Author:dokosayuku11
ようこそ!twitterと連動中です。
http://twitter.com/dokosayuku11

twitter
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
取り上げて欲しい話題、情報があったらよろしくお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。