スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JCO事故後の健診が延期に

茨城県は、平成11年に起きた東海村の臨界事故のあと、周辺の住民を対象に毎年行ってきた健康診断について、東京電力の福島第一原子力発電所の事故の影響で放射線に詳しい医師の確保が難しいなどとして、当分の間、延期することにしました。
茨城県は平成11年に東海村の核燃料加工会社「ジェー・シー・オー」で臨界事故が起きたあと、当時、周辺に住んでいた人や健康に不安がある住民を対象に、毎年4月、広島県などから放射線に詳しい医師を呼んで健康診断を行いました。
ところがことしは福島第一原発事故への対応で放射線に詳しい医師を呼ぶことが難しくなっているうえ、健康診断に立ち会う県内の保健所の職員の確保も難しいということです。
このため茨城県は、ことしの健康診断を当分の間、延期することを決め対象となっている477人に対し文章で通知しました。
茨城県保健予防課は「住民に迷惑をかけてしまいますがご理解とご協力をいただきたいと思います」と話しています。
茨城県は、健康診断の内容は、放射線の医師の問診をのぞくと通常の診断とほぼ変わらないことから希望者には市町村や職場での健康診断の受診を勧めているということです。

04月18日 21時59分(NHK)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dokosayuku11

Author:dokosayuku11
ようこそ!twitterと連動中です。
http://twitter.com/dokosayuku11

twitter
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
取り上げて欲しい話題、情報があったらよろしくお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。