FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20キロ圏、汚染に濃淡

20キロ圏、汚染に濃淡 文科省、128地点の線量公表(朝日新聞)
2011年4月22日0時34分
http://www.asahi.com/national/update/0421/TKY201104210447.html
TKY201104210520.jpg


 文部科学省は21日、警戒区域となる福島第一原発から20キロ圏内の大気中の放射線量の調査結果を発表した。原発から3キロ付近では、毎時100マイクロシーベルトを超える地点があった。年間の被曝(ひばく)線量に換算すると、100ミリシーベルトを超える可能性がある地域が1割を超えていた一方で、避難区域の目安となる年間被曝線量が20ミリシーベルトに達しない地点も半数近くあった。

 今回の線量調査は、住民の一時帰宅が可能か判断するために、文科省が東京電力などと協力して行った。20キロ圏内の9市町村を対象に、3月30日~4月2日に50地点、4月18日~19日に128地点で計測器を載せた車を走らせて測った。

 一時帰宅が認められない原発から3キロ圏内やその近くで高い値が目立った。2回目の調査の最高値は、西南西3キロ付近の大熊町夫沢で、毎時110マイクロシーベルトだった。この値が1年間変わらずに、屋外に1日8時間いたと仮定すると、年間の被曝線量は578ミリシーベルトに達してしまう。

 年間の推計被曝線量が100ミリシーベルトを超えるのは2回目の調査では128地点中17地点と、1割を超えていた。このうち11地点が原発から10キロ圏内だった。

 ただし、1回目の調査では、毎時100マイクロシーベルトを超えたのは3地点あったが、2回目には1地点に減るなど、低下傾向を示していた。

 一方で、北西約3キロの双葉町新山では、毎時1.8マイクロシーベルトと、原発からの距離が同じでも線量には大きな開きがあった。

 20キロ圏内でも線量はばらついていた。避難区域指定の目安は年間20ミリシーベルト以上とされているが、20ミリシーベルト未満は2回目の調査の時点で、45%にあたる58地点に上った。原発から北約21キロの南相馬市原町区では毎時0.4マイクロシーベルトで、1年間浴び続けても約2.1ミリシーベルトだった。

 文科省は最初の調査後、結果を公表していなかった。その理由について「調査地点などデータが足りず、混乱を生じる恐れがあると考えた」とした。(佐藤久恵、石塚広志)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dokosayuku11

Author:dokosayuku11
ようこそ!twitterと連動中です。
http://twitter.com/dokosayuku11

twitter
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
取り上げて欲しい話題、情報があったらよろしくお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。